logo

Top news

ベンハー リメイク

伝説の戦車レース映画を本気でリメイク! 「ベン・ハー」予告編. あの映画史に残る名作「ベン・ハー」にリメイク作があることを、ご存じない方もいるかも知れない 日本では未公開だからだ 監督は「ウォンテッド」「リンカーン 秘密の書」のティムール・ベクマンベトフ 主演のベン・ハーを「アメリカン・ハッスル」のジャック・ヒューストンが演じた 聞いただけであれはリメイクしちゃ駄目だろ感が凄いが、やっぱり駄目だった 製作費1億ドルに対し、オープニングは1120万ドルで初登場5位 最終的には米国で2640万ドル ワールドワイドでは9,410万ドルだった Hollywood Reporter他各メディアは「ベン・ハー」を年でもっとも爆死しそうな作品の一つにあげていて、「この結果は予想済みだった」と評した. と思ったら、観客は特に関心がなかったようだ 1億6000万ドルもの予算をかけたこの超大作は、2200万ドルという凡庸なオープニングで初登場2位 映画通り、本当に転覆してしまった ロッテントマトの批評家支持率も33%と低調 「このリメイクは特殊効果ばかりに気をとられ、オリジナルにあった人間ドラマを捨て去った」と評された ワールドワイドでは総額1億8160万ドル スタジオは多額の損失を負うことになった. 以前から話題に上り、当初は年8月に公開予定だったものが大幅に延期され年公開予定の「ベン・ハー」。もちろん、1959年のリメイクだ。 「ベン・ハー」と言えば映画好きでなくても多くの人は知っているだろう。チャールトン・ヘストン主演で公開されたこの映画は、アカデミー最多の.

最新の映像技術でよみがえる新生「ベン・ハー」。80点 感想(ネタバレあり) 1959年のアカデミー賞作品賞を受賞した有名作「ベン・ハー」のリメイク作品。. 製作費:6000万ドル(約68億円) 損失:1億2500万ドル(約141億円) ブラッド・ピットとミシェル・ファイファーというハリウッドの大物スターを集めても、ドリームワークスによる年公開の本作を救うことはできなかった。 評価自体はそれほどひどくはなかった。実際、お飾り程度にせよポジティブな評価もあったのだが、ピクサーによる『ファインディング・ニモ』が大波を起こした後では、観客はこういう古めかしい漫画に興味を示さなかったのだ。 結果的に、ドリームワークス・アニメーションはほぼ跡形もなく沈没。同社は伝統的な手描きアニメを諦め、安全なコンピューターアニメに避難場所を求めた。そして次作として、『シュレック2』と『マダガスカル』シリーズをすぐさま開始したのだった。. 知性もなければ、厳かな雰囲気もなく、これなら、わざわざ『ベンハー』のリメイクにしなくても、他の設定でも良かったんじゃないかという感がなきにしもあらずですが、それでも好感が持てたのは、なんだかんだで1959年版へのリスペクトを感じたから. See full list on blockbuster01. 製作費:2億6300万ドル(約297億円) 損失:1億2200万ドル(約138億円) コストの点で見ると、年に公開された本作を上回る作品は4本しかない。『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ2作と、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、そして『ジャスティス・リーグ』だ。 頼りになるキャスト(主演のタイラー・キッチュはたぶん力不足だが)を配し、オスカーを受賞したアンドリュー・スタントン監督(『ウォーリー』や『ファインディング・ニモ』)がメガホンをとり、著名な原作がある(小説家エドガー・ライス・バローズ)という、本作の血統をもってしても、批評家からの酷評は避けられず、観客動員も少なかった。 火星をベースにした作品をシリーズ化しようとして失敗したディズニーは、また別のところでSF映画をやろうと決意。その年終わりに『スター・ウォーズ』の全権利を取得した。. リメイク版最新映画『ベン・ハー』、年8月に米公開日延期; 人気ホームコメディ『フルハウス』のリブート版ドラマ『フラーハウス.

製作費:2億2500万ドル(約253億円) 損失:9800万ドル(約110億円) ウォルト・ディズニー配給による年公開の本作では、高収益をあげた『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズに続いて、ゴア・ヴァービンスキー(監督)、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー)、ジョニー・デップというドリームチームが再集結。 が、トラブルに直面してコストが膨れ上がり、完成前に製作が中止される寸前までいった。ようやく公開にこぎつけたものの、批評家たちにはこき下ろされ、観客からも敬遠されてしまった。 とはいえ、作品自体は完全な失敗作ではなく、オスカー2部門(“視覚効果”と“メイクアップとヘアスタイリング”)でノミネートされた。. アメリカのルー・ウォーレスが1880年に発表した小説 "Ben-Hur: A Tale of the Christ" を原作に、1907年に15分のサイレント映画で製作され、1925年に同じサイレント映画で2度目の映画化でラモン・ノヴァロがベン・ハーを演じ、これが大ヒットとなった。. 1932年の「ミイラ再生」を1999年の「ハムナプトラ 失われた砂漠の都」に続いて、トム・クルーズ主演でリメイク この作品はユニバーサルが同社が誇るかつてのモンスターたちを現代によみがえらせるビッグ・プロジェクト“ダーク・ユニバース”の記念すべき第一弾である ところがプロジェクトが第一弾で終わってしまったといういわくつきの作品だ 何故か? 「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女」が爆死したからだ オープニングは3100万ドルで初登場2位 1億2500万ドルの製作費を考えると、ガッカリな結果だった だが、ワールドワイドでは総額4億900万ドルと、実はそんなに悪くない 悲しいことにマーケティング費用も合わせると、およそ3億4500万ドルがかかっていたといわれている これではスタジオがダーク・ユニバースの第二弾に及び腰になるのも無理はない 爆死した理由は ひどいレビュー オリジナルへの冒涜 ユニバースのために風呂敷広げすぎ 人々は当時「ワンダーウーマン」に夢中だった モンスター映画にトム・クルーズのスター性はあまり関係ない 以上のような点が挙げられている. 昔の映画と云えば ベンハー リメイク ベンハー シネラマ チャールトンヘストン アカデミー賞最多11部門 奥様に聞きました しらん 娘に聞きました 新しい食い物か?

ジョセフ·モーガン, スティーヴン・キャンベル・ムーア, エミリー・ヴァンキャンプ, クリスティン・クルック, ベン·クロス, アレックス・キングストン, クリス・ホールデン=リード, ジャンルレイ・ウィンストン, スティーヴ・シル 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。. リメイク版『ベン・ハー』予告映像第一弾解禁 年05月19日 ベンハー リメイク (木) 15:30 HMV&BOOKS online - 洋画, HMV&BOOKS online - 映画・TV. 製作費:1億2500万ドル(約141億円) 損失:1億1500万ドル(約130億円) 映画産業にとって、子供というのは問題だ。このリストのほとんどは子供映画の失敗作で占められているが、本作はそのジャンルの典型だ。 年公開の本作で、パラマウント映画は新たなフランチャイズをローンチするはずだったが、公開第一週目の興行成績が1000万ドル(約11億円)にも及ばず、その前提は脆くも崩れてしまった。. この超名作映画がなんとこのほどリメイクされ、来年1月には日本でも公開されるということで、1959年版を観直してみました。 舞台は1世紀のエルサレム。. ベンハー リメイク 19 19:30; 傭兵ペンギン. ジャック・ヒューストン主演、リメイク版「ベン・ハー」の画像,最新映画情報をご紹介。近日公開の映画予告編動画 映画ニュース スタッフキャストの詳細など。. 製作費:9000万ドル(約101億円) 損失:1億ドル(約110億円) 会社を潰してしまった作品。この場合は、フォックス・アニメーション・スタジオが思い切って乗り出したものの、年の公開日から、わずか10日後に倒産してしまった。 が、本作にかかわった人たちはすごい。監督はドン・ブルースとゲイリー・ゴールドマン(『アナスタシア』をはじめ数々のアニメ作品をものにした人)、脚本家にジョス・ウィードンとジョン・オーガスト、そして、声優にマット・デイモン、ビル・プルマン、ドリュー・バリモア。それでも、どっちつかずの評価は避けられず、公開第1週末の興行成績は5位に終わった。. ユニバーサル・モンスター映画の古典「狼男」のリメイクである ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンスと名優同士が共演 特殊メイクを巨匠リック・ベイカーが担当したことでも話題に ところが最初の監督が撮影直前に降板 急遽「ジュマンジ」「ジュラシック・パーク III」のジョー・ジョンストンが雇われた そういったトラブルもあってか、評価は低調 ロッテントマトの批評家支持率は35%だった オープニングは3150万ドルで初登場2位 最終的に北米で6200万ドル、ワールドワイドで1億3980万ドル 製作費1億5000万ドルを取り返すことは出来なかった LAタイムズ紙はこの「ウルフマン」を「もっとも高額な製作費で爆死した作品」の1本にあげた.

『ベン・ハー』(Ben-Hur)は、年のアメリカ合衆国の叙事詩的 歴史ドラマ (英語版) ・アクション映画。キース・クラークとジョン・リドリー脚本、ティムール・ベクマンベトフ監督、出演はジャック・ヒューストン、モーガン・フリーマン、トビー・ケベル、ナザニン・ボニアディ. くしくも上映前に、リメイク版『ベン・ハー』の特報が流れた。 どうやら、映画史に輝く傑作が、カメラを派手に振りまわしただけの陳腐なアクション映画に堕してしまった予感。 そんなのより、本作の劇中映画の『ヘイル、シーザー!. 製作費:1億7500万ドル(約200億円) 損失:9800万ドル(約110億円) 長編映画は初めてという監督に膨大な予算を与えることはリスキーだ。が、それがまさにここで起こってしまったこと。ユニバーサルスタジオはカール・リンシュに涙モノの巨額の小切手を与えたのだ。 年公開の本作のオファーを受けた当時、リンシュはコマーシャルと「最先端のインタラクティブ・テクノロジー」(と、彼のウェブサイトには書いてある)の世界で活躍していた人。実際、彼は編集段階と、主演のキアヌ・リーブスの追加撮影ではプロジェクトから外された。 しかしそれでも、このサムライファンタジー・アドベンチャーを救うことはできず、批評家や観客は切腹を求めた。.

【ベン・ハー】のリメイクはオリジナルよりもいいでしょうか?リメイクも面白いでしょうか? 大学でこの映画、朝から見させられる授業があり、疲れた。しかもその内容の要約と感想をレポートする事が、前期授業の試験代わりにするという事を、前期が終わる頃に教授が言い放った時には. ,6点全くの予備知識無しで観ればそれなりに. アカデミー賞最多受賞、名作「ベンハー」リメイクは大コケ。 チャールトン・ヘストンの主演男優賞他史上最多11部門のアカデミー賞を受賞した映画。. パニック映画の歴史的名作「ポセイドン・アドベンチャー」を「トロイ」「パーフェクト ストーム」のウォルフガング・ペーターゼン監督がリメイク 主演はカート・ラッセル あの傑作を最新技術で生まれ変わらせる ワクワクする人も多いだろう. mgmと米パラマウント・ピクチャーズは、リメイク版最新作『ベン・ハー』の米公開日を年2月26日から同年8月12日へとおよそ6ヶ月も延期する. 『ベン・ハー』リメイク、初登場6位に沈む. 製作費用54億円、製作期間6年を費やし、1959年に大ヒットを記録した.

年8月24日 ベンハー リメイク 20時40分. 製作費:1億3500万ドル(約150億円) 損失:9600万ドル(約約108億円) えっ、『ステルス』が?と思ったとしても許そう。 年に公開されたこの『トップ・ガン』風のSF映画には、ゼロ年代初期に人気急上昇したジョシュ・ルーカスやジェシカ・ビール、ジェイミー・フォックスが出演。監督は『ワイルド・スピード』や『トリプルX』のロブ・コーエンだった。まぁまぁの出来でも収益的には成功することが約束された、堅実なアクション映画のように思える。 しかし、製作自体にはこれといった問題が見当たらないにもかかわらず、同作はコケて自ら燃え尽き、同じ週末に公開された『ウェディング・クラッシャーズ』や『スカイ・ハイ』などに敗れてしまった。. ベン・ハーの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。アカデミー賞で作品賞、監督賞ほか史上最多11部門を受賞したウィリアム. 製作費:1億ドル(約110億円) 損失:9600万円(約108億円) かつてエディー・マーフィーと言えば成功と同義語だった。1980年代には『ビバリーヒルズ・コップ』や『大逆転』、90年代には『ナッティ・プロフェッサー クランプ教授の場合』や『ドクター・ドリトル』、00年代でも『シュレック』があった。 しかし、年の『プルート・ナッシュ』で、実写版ファミリー映画の駄作街道をまっしぐら。(『マッド・ファット・ワイフ』と『デイブは宇宙船』もチェック。いや、絶対観なくてもいい)。 単純に言って、ひどいSF映画だった。誰もが脚本、ユーモア、演技、視覚効果を厳しく批判し、褒め言葉はひとこともナシ。ロットントマト(Rotten Tomatoes=映画批評家のレビューをまとめたサイト)で5%の評価しか得ていないのがすべてを物語っている。 そこで疑問だ。なぜ、こんな映画を作るのに、こんなにお金がかかったの?. 1959年に公開されアカデミー賞11部門受賞した不朽の名作『ベン・ハー』のリメイク作品に、名優モーガン・フリーマンが. 1959年にウィリアム・ワイラー監督、チャールトン・ヘストン主演で公開された『ベン・ハー』のリメイク版『ベン・ハー』が、年に日本公開.

「ベン・ハー」はアメリカのルー・ウォーレスが書いた小説です。過去に何度も映画化されていることで知られていますが、最も有名なのは1959年の映画版です。「ベン・ハー(1959年)」はウィリアム・ワイラー監督・チャールトン・ヘストン主演でアカデミー賞最多の11部門を受賞しています. ベン・ハー(1959)の映画情報。評価レビュー 700件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:チャールトン・ヘストン 他。 ユダヤの豪族の息子、ベン・ハーの数奇な運命を通してローマの圧政とキリストの最期を6年半の製作期間と54億円の巨費を投じて描いた一大スペクタクル。些細な. キアヌ・リーブスとパトリック・スウェイジが主演したキャスリン・ビグロー監督の1991年の名作アクション「ハートブルー」のリメイクである 犯罪アクション映画でありながら、サーフィンと友情を絡ませたのが斬新だった そのリメイクである「X-ミッション」ではアクションを強化し、モトクロス、ウィングスーツ、スノーボード、ロッククライミングなど様々なアクションを取り入れている そんな意欲作だった「X-ミッション」だが、初登場8位で1000万ドルの爆死!! 米国での最終的な成績は2878万ドル 唯一中国だけが好調で4000万ドル近くを稼いだが、全世界で総額1億3,370万ドル 製作費1億500万ドルと大規模なマーケティング費用を考慮すると、とても成功したとはいえなかった ロッテントマトの批評家支持率は10%と、このリメイク作品は評価も散々な結果となった.

『スーサイド・スクワッド』がv3 全米ボックスオフィス考. の短編小説「影が行く」を原作とした映画、ハワード・ホークス製作の「遊星よりの物体X」(1951)、ジョン・カーペンター監督の「遊星からの物体X」(82) その3度目の映画化 ジョン・カーペンター版の前日譚を描く カーペンター版は映画史に残るホラーで、熱狂的なファンが多い 本作はどうだったのか? 結局ファンはこの作品にほとんど興味がなかったようだ オープニングは849万ドル ワールドワイドでは総額2740万ドル 3800万ドルの製作費を取り返すことは出来なかった 作品の評価も「新しいものが何もない」と酷評された. ジャック・フィニイのSF小説「盗まれた街(原題:ボディ・スナッチャーズ)」は何度も映画化された その4度目の映画化が、この「インベージョン」である 主演はニコール・キッドマンに「007」のダニエル・クレイグと豪華 にも関わらず初登場5位でオープニング590万ドル 1000万ドルにも届かない爆死となった ワールドワイドでも総額4000万ドル 8000万ドルの製作費の半分程度で終わった ロッテントマトの批評家支持率も19%と低調 完成した作品をスタジオが気に入らず、別の監督で追加撮影するなど、製作中のゴタゴタも響いたのかも知れない. 工夫がたんないんじゃない、そのままリメイクしてどうすんだろうね、ベンハー3050時空の戦いとかにして未来でベンハーが巨獣やロボ兵相手に無双&エイリアン女をコマしまくるのをドウェインジョンソン主演で、敵役の憎たらしい皇帝をディカプリオで戦車で轢き殺せばヒット間違い無し.

不朽の名作の続編!だがリメイクにも便乗。さすがアサイラム『ベン・ハー 終わりなき伝説』© 3DP, LLC. 今回レビューするのは1959年にアカデミー賞を11部門受賞し、また制作費54億円という巨額で制作されたヒット作品、ベンハーのリメイク版です。最新のCGを駆使して作られ、またモルガン・フリーマンやジャック・ヒューストンなどかなりの大物俳優たちが出演しています。 あら. アメリカ映画。1959年作品。ウィリアム・ワイラー監督。ルー・ウォーレスの同名原作は、サイレント時代に2度映画化されており(1907年、シドニー・オルコットSidney Olcott(1873―1949)監督、1925年、フレッド・ニブロFred Niblo(1874―1948)監督)、本作はその70ミリカラー版によるリメイク。 製作費:1億7500万ドル(約198億円) 損失:1億5000万ドル(約170億円) デイヴィッド・ベッカムが出演したことで一番よく知られているであろう、このガイ・リッチー監督の駄作には、ビックリするほど巨額の製作費がかけられていた。 ワーナー・ブラザースは、チャーリー・ハナムを主演にして、アーサー王伝説を元にした新シリーズを始動させたいと目論んでいたのだが、これでは太刀打ちできなかった。 全米で公開第一週末の興行成績がわずか1500万ドル(約17億円)で、ロットントマトでの評価は28%止まり。その数字を曲げさせる(bend)ためにこそ、ベッカムを使うべきだったのに。. 正直、リメイク映画というとあまりいい印象がない 好きな作品だと放っておいてくれと言いたくなることもある やはりオリジナルを越えるのは並大抵ではないようだ 今後もリメイクの爆死作品が増加しないことを祈るのみ ベンハー リメイク 関連記事 ブログTOPへ. More ベンハー リメイク videos. 製作費:1億5000万ドル(約170億円) 損失:1億1000万ドル(約120億円) ディズニーは、火星に戻ってCG処理の画像を作るより、もっとよく勉強すべきだったが、やってしまった。 大失敗に終わった『ジョン・カーター』(これについては後記)の1年前、ディズニーはバークレー・ブレストの同名の漫画を、とてつもない製作費を使って脚色。 映画評は悪く(『絵文字の国のジーン』ほどひどくはないが)、全国公開された作品の中で、公開第一週末の成績が最悪の作品のひとつだった。. See full list on harpersbazaar.

年度公開予定のリメイク版「ベン・ハー」が年度中に機内で視聴できました 製作費用54億円、製作期間6年を費やし、1959年に大ヒットを記録したチャールトン・ヘストン主演、ウィリアム・ワイラー監督の不朽の名作. リメイクということで期待したのが間違いでした。 捕まる経緯も違えば、ガレー船でアリウス提督を助けるシーンもなく、ストーリーも無理矢理。 カメラワークもいまいち迫力がありません。 以前のチャールトン・ヘストン主演の作品の方が良いです。.